composer利用時にGitHub APIでアクセス制限にひっかかる

とあるツールを作ろうと思って、FuelPHPをインストール。。。と思ったら、

Could not fetch https://api.github.com/repos/fuel/docs, please create a GitHub OAuth token to go over the API rate limit
Head to https://github.com/settings/tokens/new?scopes=repo&description=Composer+on+gege+2015-07-15+1342
to retrieve a token. It will be stored in “/home/vagrant/.composer/auth.json” for future use by Composer.
Token (hidden):

なーんて言われた。
これまで見たことなかったけど、「GitHub OAuthトークンのアクセス制限ひっかかったぜ」と。。。

1日に60回のアクセスが制限らしいんだけど、そんなにアクセスしてないんだけどなぁ。。。まあ、composerが中でどうやってるのか知らないので、なんともいえないけど。

とはいえ、ここは場当たり的対応じゃくて、CIやCDする時のことも考えて、プロビジョニング時に./composer/auth.jsonつくれるようにしておかなくてはいけないなと。。。

  • まずは、GitHubでtokenゲット
  • auth.jsonの元ファイルになるファイルを作成し、tokenを書いとく

ってした。

ただ、いちいちauth.jsonを用意するのなんとなくキモチワルイので。。。しらべていると

「composerに事前に教える」というアプローチもあるなっ!となりまして、、

$ php composer.phar config -g github-oauth.github.com [your token]

ってするのもアリとわかった。

CIやCDでプロビジョニングする際に、なにをどうするかは自由なんだけど、tokenが記述されている元ファイルだけは用意して置かないとダメ。
でも、このファイルをリポジトリで管理するわけにもいかない(みんなに見えちゃう!)ので、このファイルの扱いはもう少し工夫しないといけない感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です